夏の大敵と向き合う方法

私は夏はもちろん冬でも普通に汗をかく体質です。

小さいころから気になっていたのですが、年齢とともにどんどん汗の量が多くなって、脇などの汗の目立ちが気になって色がついている洋服を着ていると汗じみなどでとても恥ずかしい思いをしたこともあります。

もちろん、汗をかくだけでなく汗をかくことによる臭いにもとても悩まされていました。夏以上に暖房が常にかかっている冬の汗のにおいには困らされています。

こもるような感じで、臭いがどんどん増殖していくようなかんじなんですよね。。これにはずっと悩んできました。

そんな私が、友達などを汗の匂いで不快にしないようにするためにしていることを挙げていきます。

まず、朝着替える時は必ずロールオンタイプの制汗剤を脇に塗ります。これをしているか否かで気持ちの面でも、実際に汗をかいたあとの臭いも全く異なります。

そして、汗をかいたらなるべく早めに拭き取る。

これはなかなかできない時が案外多いのです。腕などの露出しているところを拭き取るのは簡単でも、一番拭き取りたいのは背中やお腹などなかなか人前では拭き取りにくいところです。

なので私はトイレの個室で拭き取るようにしてます。でもトイレに行くということすらできない時ありますよね。

私は出かける前、汗をかくまえに清涼感のあるシートで体を拭いてから家を出るようにしてます。そうすれば、歩いているだけで汗をかいてしまうような日でも、多少はすっきりしたままいる事ができます。

ノアンデのような汗・わきが対策のクリームも塗るようにしています。臭いの元となる細菌の繁殖を防ぐことで、単に汗を拭く以上の効果が期待できるからです。

そして、夏は汗が服に染みてしまうのも困るものです。

私はその汗染みを解消するため、普段着用している下着の上から汗取り効果のある少し袖があるインナーを着るようにしています。

薄いので暑くないということと、袖があることで脇汗パッドがない下着を着てても大丈夫ののです。さらに、夏は洋服自体が薄いので透け防止のためにも良い対策になると思います。